【学生必見】中学生におすすめのノートパソコンの選び方を簡単に解説!




こんな方におすすめの記事
  • 中学生
  • 中学生の保護者
  • パソコン初心者

中学生になったらパソコンが欲しいという子もいるのではないでしょうか。

でもどんなパソコンを買えばいいんだろう?

種類も豊富で値段の幅もあるパソコン。

今回はそんな悩める点を簡単に説明し、中学生だったらこれ!っていうパソコンをご紹介していきます。

デル株式会社

目次

パソコンの選び方

大事なポイントは5つ

パソコンを選ぶ時に他にも細かくポイントはありますが、よく知らない方でもわかるように今回は絶対大切にして欲しいポイントのみをお伝えします。

選び方のポイント
  • CPU (プロセッサー)の種類
  • ストレージの大きさ
  • メモリの容量
  • サイズ
  • MacかWindows

これを押さえておけば失敗はしないでしょう!

最初に言っておきますがロースペックは安いのですがあまりおすすめしません

ある程度のものを揃えた方がコスパもいいですし、長く使えます!

CPU(プロセッサーの種類)

CPUは情報を処理するパソコンの「頭脳」

学生の使用メインはレポート作成やオンライン授業・ネット検索だと思います。

そうなるとある程度のスペックが必要。

最低でも「Intel社のCore i3」か「AMD社のRyzen3」がおすすめ!

数字が大きい程ハイスペックになっていますので、動画編集や同時に複数の事をする予定があれば「Core i5」や「Ryzen5」を選びましょう!

補足ポイント

よく販売されている「Celeron」などはおすすめCPUより低スペック。通常の作業でも重くなり快適に使えない場合が多いので注意!

▶︎関連記事:CPUってなに?簡単解説します!

Core iシリーズとRyzenシリーズはどちらがいいの?

結論から言うと、どちらでもいいです!

こだわりがあるのであればそれぞれ違いはありますが、普通に使う分にはどちらも性能にはさほど差はありません。

Core iシリーズは老舗・Ryzenシリーズは新興といったイメージ!

ストレージの大きさ

ストレージとはデータを保存するスペース量

みなさんよく言う「容量」がこのストレージにあたります。

HDD」と「SSD」という2つの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

結論「SSDの256GB」が使い勝手がいいです!

256GBは価格バランスがよく、プライベートでも使うであろう学生であれば十分な量です!

もちろんこれ以上でも大丈夫です!

補足ポイント

テキストメインで写真や動画は保存しないって方はこれ以下でもOK!ただOSで結構容量取られちゃうのでOS分も考えて!

Lenovoのパソコン。Ryzen5でSSD256GBなのにこの価格!これはお得!

メモリの容量

作業台のイメージで同時にどれくらいできるかの量がメモリ!

動画編集で重い作業をする場合や何個もソフトを開いて同時に作業するとなると、メモリは大きい方がいいに決まってますよね!

そこでおすすめは8GBのメモリ!

普通のマルチタスク・作業量から考えると8GBがベスト!MacBook Airのスタンダードも8GBです。

中学生年代だと4GBでも事足りると思われますが、高校生・大学生と使っていくのなら最初から8GBを買うのがいいでしょう。

▶︎関連記事:パソコンのメモリってなに?簡単に解説!

パソコンのサイズ

中学生だと持ち運びはあまりしないと思うので「15.6インチ」くらいが、画面も大きいので見やすく、コスパも適しています!

あまり小さいと見えにくく目が悪くなることも。

持ち運ぶ予定があったりコンパクトにまとめたいのであれば、これ以下のサイズにしましょう!

▶︎関連記事:ノートパソコンを持ち運ぶならこのサイズがおすすめ!

MacかWindowsか

これ悩むポイントではないでしょうか!

ピンと来ない方、ディズニーかUSJかって聞かれているようなもの(笑)

この2つ何が違うかというとOS(オペレーティングシステム)という中身が違っていて、対応するアプリやソフトが違う点が大きな所です。

補足ポイント

OSとはパソコンにとっての基本ソフト。OSがないパソコンはただの箱ってイメージ!

昔はWindowsのOffice(ExcelやWard)もMacでは使えなかったのですが、今はMacでも使える様になり互換性がよくなりました。

中学生だとMacはまだオーバースペックかなと感じるので、初めて触るパソコンならWindowsのお手軽なパソコンがいいです!

▼Macはおしゃれで機能もいいけど、高いのが難点。中学生だと使いこなせないことも。

おすすめのノートパソコン

以上の解説から各スペック条件に合うパソコンを、私の独断と偏見でピックアップします!

中学生が使うパソコンでも最初が肝心。

ロースペックで全然動かないパソコンを買っても何もできないしお金の無駄です。パソコンが嫌いになってしまうかもしれません。

また新品に限らず中古パソコンも候補の1つ!

新品同様のパソコンも格安で出ているので、コスパ重視の方はおすすめです!

Microsoft

出典:価格.com

Microsoftでおすすめなのが、「Surface Laptop Go」です!

スタイリッシュでありOfficeも搭載しているのでWardやExcelがすぐに使えます!

12.4インチの小型なので中学生でも扱いやすく、重く無いのが特徴。

中学生ではちょっとオーバースペックですが、高校・大学と使っていく予定であったり、親と共同で使うのであれば買いです!

Officeは学生のレポートのみならず仕事でも使う頻度が高いアプリです。

Officeが搭載されていないパソコンだと自分で買わなければならない手間がかかるので、すでに搭載されているパソコンを買った方が楽!

高校生でも使うのであれば「Surface Laptop4」」もおすすめ!

HP

出典:価格.com

HPからは「HP Pavilion 15」シリーズ!

機能は抜群なのに価格が抑えられてるパソコンです!

もっとシンプルな「HPシリーズ」や1Kgない軽さを追求した「Pavilion Aero 13」も候補の1つ!

HPのオンラインストアは、かなりわかりやすくて見やすい!

学割もあるので学生の方は要チェックなパソコンです!

Dell

出典:Amazon

Dellの「Inspiron 15」は、Dellの中でも売れ筋でニーズにあったパソコンです。

Office搭載モデルもあり、口コミもなかなかの高評価!

15.6インチなので画面が大きく見やすいのが特徴。目を悪くする心配なし!

公式HPでは性能が違うパターンがいくつも用意されていて、自分に合ったパソコンが購入できます。

随時キャンペーンも行っており、頻繁にチェックするのがおすすめ!

ASUS

出典:ASUS公式HP

ASUSのパソコンもコスパが良く、シェア率も高いです!

そんなASUSからはVivo Book S15」をピックアップ!

VivoBook S15は「ジブン色で、進め」のコンセプトで、インディーブラック・ガイアグリーン・リゾルトレッド・ドリーミーホワイトの4色展開。

もちろんOffice搭載モデルもあります!

Amazonでの口コミ評価も高く、SSD512GBと大容量のストレージも嬉しいポイント!

Lenovo

出典:価格.com

Lenovoからは「IdeaPad」シリーズ!

IdaPadの中でもいくつかシリーズが分かれていて、
中学生でしたら「IdeaPad Slim 3」か「IdeaPad Classic 3」がおすすめ!

Lenovoは世界シェア率トップで、日本でもシェア率が伸びている注目のパソコン。

価格も他のブランドに比べて安く、初めてのパソコンにはぴったりのブランドです。

公式オンラインストアではAmazonギフト券がもらえるセールや学生価格もあり!

さいごに

最後におすすめのパソコンをピックアップしてみましたが、この他にもたくさんパソコンはありますし毎年新しいパソコンが出てきています。

  • CPUはCore i3かRyzen3以上
  • ストレージ256GB以上
  • メモリ8GB以上

これらを目安に是非ネットや家電量販店でチェックしてみましょう!

パソコンを買うのはネットがいいですよ!

ネットでは「学割」が使えるのでお得に買えちゃいます!

今後パソコンがある程度使えないと社会に出た時に大変。苦労しない為にもある程度のスペックは中学生でも必要!

先ほど挙げたスペックを参考に中学生にもパソコンの魅力を知ってもらいましょう!

▶︎関連記事:学生だけの特権!学割が使えるおすすめのメーカー!




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次