DMM FX 口座開設キャンペーンで最大20万円バック!>>

パソコンのCPUとはなに?初心者にもわかりやすく解説!

こんな方におすすめの記事
  • CPUのことがわからない
  • パソコン初心者
  • 新しいパソコンを買う予定

突然ですが、CPUって知ってますか?
パソコンを買う時にとても!とても!大切なところになります。

今回は知らない方やパソコン初心者の方向けにCPUについて簡単にご説明します!
ここでさくっと理解して、パソコンを買う時に失敗しないようにしましょう!

\家でも外でも!業界最安値級Wi-Fi!/




CPUとは?

CPUとは日本語にすると「中央演算処理装置(プロセッサー)」と呼ばれています。

マウスやキーボード・メモリーや周辺機器から受け取った指令を制御したり演算する、
人間の脳の様な働きをするパーツで、ここの性能でパソコンの能力や価格が大きく変わります!

基本的にどの項目も数字が大きいほど性能がいいです!

使用しているパソコンに搭載されているCPUを確認したい時は、
「設定」>「システム」>「バージョン情報」で確認できます。
Macの場合はリンゴマークから「このMacについて」で確認できます。

コア数

CPUを確認する時に「コア数」というものも表記されています。

コア数とはCPUの核となる部分の数のことで、コア数が多いほど同時に行える処理の数が増えます。

現在は「4コア(クアッドコア)」「6コア(ヘキサコア)」などが主流。

パソコンで複数の事を同時に行う予定があるのであれば、コアが大きい方がいいです。

スレッド数

コア数と同時に「スレッド数」の表記もあります。

スレッド数とは、パソコン上で認識されるコア数の数です。
1コアあたりにどのくらい作業ができるかといった数とも言えます。

基本的に「1コアにつき1スレッド」となっていますが、
2つ実行できる「1コア2スレッド」(マルチスレッディング)が搭載されたCPUもあります。

スペック表などでは「2コア4スレッド」「4コア4スレッド」などの表記がされています。
こちらの場合だとコア数が高い「4コア4スレッド」の方が性能が高いということになります。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

CPUの2大勢力

そんなCPUですが、現在2つの会社から出ているものが大半を占めています。

Intel(インテル)

インテル入ってる?」でおなじみのインテル社です。

インテルのCPUはほとんどのパソコンに使われていてとても有名。
特に「Coreiシリーズ」は有名で以前はMacBookにも入っていました。

Coreiシリーズ

Coreiシリーズはこのような表記となっています。

  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7
  • Core i9

数字が大きいほど性能はいいのですが価格は高いです。

普通に使うのであれば「i3」で大丈夫ですが、
動画編集をしたりいくつものタスクを同時進行するのであれば「i5」がベスト!

CeleronやPentiumなども

Coreiシリーズの下位モデル、Celeron(セレロン)やPentium(ペンティアム)などもありますが、
これは性能が低い為、最小限のことしかしない場合だと安いのでオススメです!

AMD(エーエムディー)

少し前までインテルのシェアがほとんどでしたが、
最近はこの「AMD」のCPUがグングン伸びてます。

プロゲーマーなども使っています!

将棋の藤井聡太さんもAMD社から出ているCPUを使っています。
なんと、1度会ってみた人がAMDの社長さんなんだとか!

Ryzenシリーズ

そんなAMDのCPUは、「Ryzenシリーズ」が有名。
前出のCoreiシリーズの同等モデルと思っておいてください。

  • Ryzen 3
  • Ryzen 5
  • Ryzen 7
  • Ryzen 9

Coreiシリーズとまったく同じじゃん!です。

これも普通に使う分には「Ryzen3」で大丈夫!
最近のパソコンは結構Ryzen使っているものが多いです。

Athlonなども

Ryzenシリーズの下位モデル、Athlon(アスロン)などもありますが性能が低い為、
こちらも最小限しか使わない方だと安いしオススメ!

パソコンを買う時にどうすればいいの?

CPUがわかったところで、早速購入するときの参考にしましょう!

パソコンを買う時、「CPUまたはプロセッサー」と書いてある所をチェック!
スペック」や「概要」などと書いてある所を確認すればOKです。

ここを見ずに安いからと言って買ってしまうと、
動画が編集できなかったり動きが重くカクカクしてしまいイライラします。

Core i3などの他にも数字が書いてある場合がありますが、
数字が大きい方が性能がいいがよく価格も高いと思ってもらって大丈夫です。

補足

パソコンを買うときは、メモリ「8GB」以上・SSD「258GB」以上を推奨。
こちらもスペックなどの場所を確認すると記載があります!

さいごに

ネット・Excelやwordなど・動画を見るなどの普通のことだけをするのであれば、
Core i3」や「Ryzen 3」が搭載されたパソコンを買えば不自由なく使えます!

▼このASUSのノートパソコンはAmazonのランキングでも上位!
パソコン初心者はこのパソコンから入ってみてもいいかも!

他にもパソコンを買うにあたりチェックする項目はいっぱいありますが、
CPUはかなり大事なので、ここは絶対に覚えておいてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました