ディズニーで疲れない方法!疲労対策6選!【遊びに行く前必見!】

ディズニー好きの皆さん、こんにちは!

ディズニーリゾートって何であんなにワクワクドキドキするんでしょう!
私も大好きで年に何回も行ってしまいます。

ところで、ディズニーって疲れませんか?

1日外にいるだけで疲れるもの。加えて歩き回り人混みもありで、
アクティブな方でも疲れてしまうのではないでしょうか?

今回は私が実際に行っている対策6選をご紹介します!

これで1日疲れ知らず!!

とはいかないかもしれませんが、すると全然違います!!

ディズニーに限らず、様々な応用が効く対策なのでぜひ参考にしてみてください!




ディズニーで疲れる原因

本題に入る前に、なぜディズニーってあんなに疲れると思いますか?

疲れって2種類あって、

  • 肉体的疲労
  • 精神的疲労

があります。

ディズニーはこの2つが同時に襲ってくる条件が揃っているんです!
だから、あんなに疲れるのです!

ディズニーでの疲労その①:肉体的疲労

肉体的疲労は、文字通り体の疲れです。

  • パークを歩き回る
  • アトラクションで余計な力が入る
  • 荷物を持ち続ける
  • 朝から夜まで動き続けている

などが考えられます。

ディズニーリゾートへ遊びに行った翌日など足が張っていませんか?筋肉痛になっていませんか?

あんな広いパークを歩き回るので、体に疲労が溜まるのも当然です!

ディズニーでの疲労その②:精神的疲労

精神的疲労と聞いて、

楽しいはずのディズニーでなぜ?

って思いませんか?

実は自分が感じていないだけで、精神的疲労というのはじわじわ蓄積しているのです。

例えば、

  • パークでの人混み
  • アトラクションやレストランでの待ち時間
  • アトラクションやパレードでの刺激
  • 普段しない行動(ディズニーに来ること自体がこれ)
  • 同行者が合わない(気を遣う相手の場合)

など、その時は楽しさで優って感じていませんが、
たっぷりがっつり精神的疲労は蓄積しています。

頭(脳)の疲労なのでその時は楽しいが上回りますが、後からズシっと来ます。

ディズニーでの疲労対策

そんな疲労達、最小限に出来るなら対策して行きたいですよね?

私が経験したことを元に疲れ対策をご紹介します!

疲れ対策①:少ない荷物・歩きやすい靴

動きやすい服装も大事ですが、
荷物を少なくし、歩きやすい靴を選んでいきましょう!

特に女性は靴に関しては、ヒールを履きたいと思いますが、
夜になるにつれて後悔すると思います。
靴ずれに指や足裏の疲れ、ふくらはぎの疲れなどなど・・・。


ディズニーで楽しむならスニーカーでおしゃれを組み立てましょう!

インソールを入れるのもかなり効果があります!

荷物も必要なものはだいたいはパークに売っていますし、
イクスピアリという商業施設も近くにありますので、必要最低限のアイテムでパークに行きましょう!

疲れ対策②:前日は睡眠をしっかり取る

楽しみで寝れない場合もあると思いますが、前日はしっかり寝て翌日に備えましょう!

仕事がある方はその日は早めに帰ったり、帰れない場合でもまっすぐ帰って、
なるべくお酒も飲まずに早めに就寝しましょう。

準備がある方は前日に準備をせず、何日か前から準備をし始め、
前日にバタバタしない様にしましょう。

ちゃんとしっかり寝るだけで、疲れ具合が全然違います!!

疲れ対策③:待ち時間を少しでもなくす

精神的疲労の項目でもありましたが、知らず知らずのうちに蓄積するのが、
この待ち時間による疲れです。

なので、アトラクションではファストパスを使い時間を有効に使ったり、
ご飯の時間をコアタイムから少しずらしてみるなどしてみましょう!

ショップのレジも意外と並ぶので、閉園前を避けるなどもいいかも!

疲れ対策④:しっかり休憩をする

遊びに夢中になって、休憩を疎かにしていませんか?

朝から晩まで遊ぶのであれば、休憩は絶対に取りましょう!

この時、外のベンチで休憩するのではなく、
室内のテーブルとイスがあるショップに行きましょう!

室内でドリンクやおやつを取りしっかり休憩した方が回復もしますし、
その後の疲労の蓄積具合も違ってきます!

疲れ対策⑤:前半から飛ばさない

何回行ってもパークに入った瞬間、ワクワクして早歩きになったり、
あれもこれもな感じになっちゃうんです。

でも、最近は、ここで自分に言い聞かせます。

『飛ばさない、飛ばさない』と。

ディズニーマジックで入った瞬間にリミッターが解除された様になっちゃうんです。
これがすごい疲れる原因。夜までいるなら尚更です。

楽しみたいし満喫したい気持ちもわかりますが、そこはしっかり抑えて。

パークに入って少し経ったら自分と向き合ってみましょう。

『飛ばしてない?』

疲れ対策⑥:アミノ酸を摂取する

アミノ酸ってアスリートのものだけだと思っていませんか?
アスリートじゃなくてもディズニーで遊ぶ時に摂取して欲しいです!

私がおすすめするのは、アミノバイタルです!
CMとかでも見ますよね!いろんなアスリートもサポートしています。

アスリートではない方でも使っていいものですし、体に害はありません!
アミノ酸は体を動かす為に必要な成分なので、あるとないとじゃ大違いです。

顆粒タイプゼリータイプがあるので、好みに合わせて使えます!
ゼリータイプは甘く元気が出そうな味です(笑)

1度摂取してみてください!違いがはっきりとわかります!

まとめ

案外普通なことを挙げてしまいましたが、その普通な事がディズニーでは大事なことです!

1番多いのは前日に寝られていないことではないでしょうか?
楽しみで寝られない、あると思います。でも、少しでも寝ましょう。大事です。

外にいるだけでも疲れるのに、そこに歩く・乗る・人混み・刺激など、
普段と違ったことの連続です。疲れるのも無理はありません。

疲れ対策を挙げましたが、あまりにも疲れる様であれば、無理をしてはいけません。
休憩しましょう、休みましょう、何か食べたり飲んだりしましょう!

少しでも疲れない様に工夫して、楽しい思い出にしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました