大学中退経験者が語る!大学中退のメリットとデメリット!

こんな方におすすめ!
  • 大学中退を悩んでいる
  • 中退してからが心配
  • 中退した人からの情報が知りたい

こんにちは!1年生が終わったタイミングで中退したみなとです!

さっそくですが、大学中退(退学)を考えている、
という方も少なからず読者の中にはいると思います。

そして、かなり悩んでいるんではないですか?
なぜ悩むのかは、中退した後が心配だからだと思います。

ここでは中退した私の、中退した時の事とその後を綴っていきます。

今回はメリットとデメリットのお話です。

もし悩んでいる方、迷っている方がいましたら参考にしていただけたら
嬉しいですし、これがきっかけで何かに繋がればそれ以上のことはないです!

中退(退学)手続き編は、こちらをご覧ください!




私の大学中退理由

まず最初に、私は大学を中退して後悔はしていません
想像していた大学生活が出来なかった事については残念でしたが、
あの時中退して良かったと思っています!

さて、こんな世の中ですから中退したい理由はいろいろあると思いますが
私が中退した理由は、

  • 学生の質が低い
  • 授業の質が低い
  • 燃え尽き症候群
  • やりたいことができた

  →結果:時間・お金をかけるまでのものではない

以上のことから少し上から目線ですがそう感じて中退しました。

sale2016

学生の質が低い

私は大学には勉強をしに行くものだと思っていたのですが、
ここの学生は違いました・・・。

講義中の私語が多くもはや自由時間。それもほとんどの学生がそうでした。
一部ちゃんとしている学生もいましたが、少数

一緒に行動する友人はいました。でもその友人達も勉強への取り組みは低かったです。
(上から目線でごめんなさい・・・。)

もちろん、授業へのモチベーションは下がる一方。

授業の質が低い

学生の質と同様に、授業の質も悪かったです。

うるさい学生をそのままにする先生が多いんです。
『あ、注意しないんだ』といつも思ってました。

あと授業内容も質が悪い!!
おもしろいな、楽しいなと思った先生は1人だけ
その先生はちゃんと学生に注意するし、正面から向かって来てくれる先生でした。

他の大学がどうなのかは不明ですが、私はここの大学は質が悪いと感じました。

他は、テンプレを読んでるだけみたいな授業や何も聞こえない先生など(笑)

燃え尽き症候群

中学と高校で真剣にバスケットボールで全国大会目指して日々練習に励む。
そんな生活でしたので終わってしまった反動が凄まじく、
大学に入ってからも燃え尽きが治らなかったです。

バスケ部にも入らず、燃え尽きをなんとかしようと授業をパンパンに入れるも、
ずーっと治らず身も心もすっからかん

当時はかなりつまらない1日をただただ繰り返していました。

やりたいことがみつかった

そんな燃え尽き症候群の中、やっとやりたいことが見つかりました!
が、大学内ではなく大学とは関係ない、むしろ大学が足を引っ張っていたものでした。

燃え尽き症候群から救ってくれた私の中でのヒーロー的存在


ここでこれに賭けないと人生終わってしまうくらいの思いが湧き上がり、
つまらない大学行く必要ある?と思い、中退への最後のひと押しとなりました。

大学中退のメリット・デメリット

ではここで、私の感じたメリット・デメリットをご紹介します!
進む道であったり、各々の考えで違ってくるとは思いますが、
参考程度に見ていただけたらと思います!

大学中退のメリット

メリット①:ストレスフリー

大学に通っている事への悩みがなくなり、ストレスフリーになりました!

人間関係・授業が合わない・学費が高い、などの悩み。
こんな悩みは大学を中退してしまえば解決します。

この悩みによって引き起こされてた体の不調であったり、退屈な日常ともさよならできます!

メリット②:やりたいことが存分にできる

今やっている事とは違う道に進みたいと思った時、
中退することによって時間もお金も使える様になります!

大学を辞めないで同時進行すればいい、ということもあるかもしれませんが、
その進路が専門学校である場合、通学課程の二重在籍はできませんし
通信でもお金が必要で時間的にも余裕がありません。

大学を卒業してからでもそのやりたい事ができる可能性は十分にあります。
けど、その歳にしかできない、今しかできないことはたくさんあります!

新しい道が見つかり、中退を考えているのであれば是非突き進んで欲しいと私は思います!

メリット③:新たな気持ちで前に進めた

大学受験の時は、燃え尽き症候群をずっと引きずってて、
大学なんて近いところでいいやって思ってました。

そんな安易な気持ちで決めた大学でモヤモヤしていたのが、
中退をしてからは燃え尽き症候群もなくなり、心機一転新たな気持ちで前に進めました!

大学在籍になんとなくモヤモヤしている方は一度中退も考えてみて欲しいと思ってます。

メリット④:自由に使える時間が増えた

今はリモートで講義などがありますが、基本はキャンパスに通わなければいけません。
また、課題やテストに向けて勉強する時間が必要です。

大学を中退すると、これらすべて自由な時間となります。
やりたいことに時間を使いたかった私はとても最高でした!笑

ただし、なんとなく大学を辞めると時間をもて余すだけになってしまうので注意が必要です。

\高卒・大学中退者もOK!/

第二新卒エージェントneo

大学中退のデメリット

デメリット①:高卒になる

大学を中退した場合、他の大学や専門学校に行き卒業しない限り、
学歴は『高卒』になります。

一応『大学中退』は履歴書に書けますが、なぜ中退したのか根掘り葉掘り聞かれます
なんとなく中退した人は見破られてしまいます。

また学歴で判断する会社は減ったものの、今なお学歴重視のところはあります。
そして大企業になると『大卒以上』しか受け付けていないところもあります。
給料も大卒に比べて高卒は低いでしょう。

希望している企業があったり、大企業に勤めたい場合は気を付けたいところです。

デメリット②:お世話になった方へ申し訳なくなる

大学入学の準備をしてくれた先生や、入学の相談に乗ってくれた友達などを思うと
申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

指定校推薦で入ったので、高校全体にも申し訳ないことをしました。

ですが、中退経緯やこれからどうするかをちゃんと伝えたら、
最終的にはみんな応援してくれます

私の時もそうでした。優しい方々です!!

デメリット③:中退した理由や今後を何回も聞かれる

これは慣れれば苦になりませんが、中退したばっかりの頃はいろいろな方から、
『なぜ中退したの?』『中退した後どうするの?』を必ず聞かれます。
知人が多ければ多いほど、その人数分聞かれます!

何回同じ話すればいいんだよーーーー!!!

ってなります。笑

デメリット④:学割が使えなくなる

私は自分の道のために、学校には入り直しませんでした。
なので、中退した段階から学生ではなくなりましたので学割が使えなくなりました。

学割が使えなくて痛かったのは、交通費

すごい差なんです、これ!

中退した後も公共交通機関は使っていましたので、この出費はかなり痛かったです。

デメリット番外編:挫折感を味わう

番外編として、『挫折感を味わう』です。

私は感じませんでしたが、苦労して入学したり、親に高い学費を払ったりしてもらった
にもかかわらず大学を中退することになった場合、
そのことがコンプレックスになってしまう可能性があります。

これまで大きな挫折がなかった人は、人生で最初の挫折となる人もいるでしょう。

4年間通大学に通えなかったことに自信が持てなくなったり、
自分を否定したりしてしまう人もいるかもしれません。

さいごに

今回は大学中退のメリット・デメリットをご紹介しました!

中退して他の学校に行くっていう方はデメリットはあまりないと思います!
学生に戻れますし、その学校を卒業したら学歴も付きます。

しかし、中退する前によく考える必要があります
『ただなんとなく中退したい』は危ないです。

中退した後にどうしたいか』などを考えないと後悔することもあるので、
しっかり自分自身と向き合って考えていきましょう。

進学?就職?フリーランス?
いろいろな選択肢があると思いますが、私が言えることは、

周りの意見も大切だけど自分が後悔しない進路を突き進む

ことが大切だと思います。

大学には社会人になっても行けますが、今の年齢は今しかありません!
後悔しない進路をしっかりたっぷり時間をかけて見つけていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました